ネイル

【ジェルネイル】カルジェル・バイオジェル・パラジェルの違いを徹底比較!

カルジェル・バイオジェル・パラジェルの違いを比較

ネイリストのともです!

  • カルジェル
  • バイオジェル
  • パラジェル

この3つは、ネイリストでは無くてもジェルネイル好きの方であれば聞いたことがある方は多いかと思います。

私はこの3つを含め10種類以上のジェルメーカーのジェルを使用したことがあります。

今回は特に有名なこの3つのジェル(特にベースジェル)の特徴と違いをご説明します。

 

カルジェル、バイオジェル、パラジェルとは?

以前は“ジェルネイル=カルジェル”と思っている方がいらっしゃいました。(今でもそう思っている方がいらっしゃるかもしれませんね。)

しかしながらこの3つは全てジェルネイルです。ジェルメーカーの名前です。

 

そして、現在はジェルメーカーがかなり増えており、この3つ以外にも数十種類存在します。

それでもこの3メーカーは根強い人気がありますね。

 

ジェルの種類

ジェルには以下の2種類が存在します。

  • ソークオフジェル(ソフトジェル)
  • ハードジェル

ソークオフジェルは専用の溶剤(アセトン等)で溶けるジェルです。

ハードジェルは溶剤では溶けないため、オフする際はヤスリやネイルマシンで削り取る必要があります。

 

今回ご説明しているカルジェル・バイオジェル・パラジェルは全てソークオフジェル

また、ジェルメーカーは数多くありますが大半がソークオフジェルです。

 

カルジェルとは?

カルジェル

カルジェルはUVライトもしくはハイブリッドライトで硬化するジェルです。(トップジェルの中にはLEDライトで硬化するものが最近出てきました。)

また、蒸散作用があると言われており、自爪とジェルの間に水分が溜まってジェルが剥がれることが少なくカビの心配もほとんどないとのことです。

公式サイトはこちら→https://mogabrook.com/

※追記※
ネイリストのみなさん、いやセルフネイラーさんも含めて…
大変です。TATとかのネイル問屋よりこっちの方が安い。。。↓

 

バイオジェルとは?

バイオジェル

カルジェルに並んで有名なジェルメーカーです。

こちらはいつの間にかLEDライトにも対応していましたね。そのため、UVライト、ハイブリッドライト、LEDライトいずれでも硬化可能です。(一部のカラージェルのみLED非対応。)

定着性に優れており、カルジェルでもちが悪い方でもバイオジェルならもちがいい(その逆の場合ももちろんあります)という方もいらっしゃいますね。

公式サイトはこちら→http://www.biosculpture.jp/

 

パラジェルとは?

パラジェル

ノンサンディングジェル(ジェルを塗布する前に爪表面を傷つけなくてもOK)なジェルとして最も有名なジェルです。

カルジェルやバイオジェルよりはかなり後に発売されたはずですが、その2つに並んで人気のあるジェルですね。

こちらはLEDライトでの硬化が推奨されています。

また、ベースジェル(クリア、アートクリア、EXクリア)は3種類、トップジェル(トップ、アートトップ)は2種類存在します。

公式サイトはこちら→http://www.paragel.jp/

 

カルジェル・バイオジェル・パラジェルの違い

カルジェル・バイオジェル・パラジェルのベースジェルについて、以下の項目の違いを比較してみたいと思います。

  • におい
  • ジェルの硬さ(硬化前)
  • ジェルの硬さ(硬化後)
  • オフのしやすさ

  • カルジェル:琥珀色
  • バイオジェル:無色透明
  • パラジェル:無色透明

 

カルジェルは割と結構黄色いので、初めて使う方は少しびっくりされるかもしれません。ちなみに以下のような色です。

ただし、爪に塗ると全然気になりませんよ。(ただしフィルイン等を続けていくと黄色みが気になってくるかもしれません。)

 

※フィルイン:付け替えの際は溶剤と使った完全オフはせず、トップジェルとカラージェルのみをやすりやマシン等で削り、ベースジェルを残してその上に新たにベース~カラー~トップを塗布する技術。

カルジェルの色

 

 におい

  • カルジェル:少しある
  • バイオジェル:少しある
  • パラジェル:開封後日数が経つとかなり臭い

 

カルジェルバイオジェルは、“あ〜ジェルってこういうにおいするよね”って感じの匂いがします。

きついにおいではないので、慣れてしまえば気にならないと思います。

 

パラジェルは開封直後はそんなににおわないのですが、日が経つとかなり臭いです。

また、トップジェルも臭い。ベースジェルは臭くても我慢して使えるかもしれませんが、臭くなったトップジェルは硬化後も臭いので正直言って私は使えません。。(私がにおいに敏感だということもあるとは思いますが。)

ただし、パラジェル専用サロンとかであれば消費が早いと思いますので、それほど臭わないのでは?と思います。たまにしか使わないのであれば注意が必要です。

 

ジェルの硬さ(硬化前)

  • カルジェル:普通
  • バイオジェル:普通
  • パラジェル:柔らかい ※ベースクリアの場合

 

カルジェルとバイオジェルは、硬すぎず柔らかすぎずといった感じ。

 

パラジェルは結構柔らかいですね。

ただし、パラジェルにはノーマルなベースクリアの他にアートクリアジェルとクリアジェルEXがあります。

3種類あるということですね。

アートクリアは結構粘度が高く、クリアジェルEXも確かベースクリアよりは粘度が高かったかと思います。

(パラジェルはノーマルなベースクリアでもかなり持ちが良く、通常クリアジェルEXは特別持ちが悪い方にしか使用しません。)

 

ジェルの硬さ(硬化後)

  • カルジェル:硬い
  • バイオジェル:硬い
  • パラジェル:かなり柔らかい ※ベースクリア

 

カルジェルは“柔軟性がある”と言われています。

ただし、私が実際に試してみたところ(パレットに出して硬化→拭き取りして指でこねたりしてみました)、カルジェルは思っていたより硬かったです。

 

でも、バイオジェルよりは少し柔軟性が高いかなと思います。

 

パラジェル(ベースクリア)はかーなり柔らかいです。

試したことがない方は一度試してみるといいですよ。ジェルの種類によってこんなに硬さが違うのか!と驚くはずです。

私が試した感じだと、硬さの違いはこんな感じです↓
柔: パラジェル<<<<<<カルジェル<バイオジェル :硬

 

また、硬ければよい・柔らかいほうが良い、というわけではありません。

その人に合ったジェルの硬さがあります。

硬いほうがもちが良い方・柔らかいほうがもちが良い方がいますよ。

 

オフのしやすさ

  • カルジェル:かなりオフしやすい
  • バイオジェル:オフしやすい
  • パラジェル:オフしにくい

これも実際に試してみるとわかりますが、3メーカーともオフ剤で溶かした時の溶け方が結構違います。(オフした時の写真撮っておけば良かったな。撮ったらアップします!)

カルジェルはふわ〜っと浮いてくる感じ。

パラジェルは少し浮いてきたジェルをプッシャー等でモロモロと削り取る感じですかね?

バイオジェルはパラの溶け方に近い気がしますがパラよりはオフしやすかったと思います。(最近使っていないので記憶が曖昧…違っていたらすみません!)

 

まとめ

サンディング・ノンサンディング、色、におい、硬さ(硬化前・硬化後)、オフのしやすさ

どれもメーカーによって異なります。

 

柔軟性やノンサンディングを求めるならパラジェルがオススメ。

オフのしやすさならカルジェル

総合的に評価が高いのはバイオジェルでしょうか。

 

価格はショップや日によっても変わることがあります。以下からご確認ください。(ネイル問屋より楽天等の方が安いこともあります…!)

 

 

\他のブログも見てみる/

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 その他スポーツブログへにほんブログ村 IT技術ブログへ

\この記事がいいな!と思ったらシェア/

-ネイル

Copyright© tomomore , 2020 All Rights Reserved.