アート

【動画あり】マニキュアでできる!ウォーターマーブルネイルのやり方

難しそうだけど楽しいそう…!

マニキュア好きな方にはぜひ一度挑戦してみていただきたいアートです。

 

コツを掴むまでにはやはりちょっと難しいですが、用意するものは少ないです。

ぜひ一度挑戦してみてくださいね。

(お子様と一緒にやっても楽しそう!あ、必ず換気しながら行ってくださいね。)

 

マニキュアでウォーターマーブルネイル:やり方動画

 

すみません(笑)

Instagramに載せるように撮ったため超高速動画となってしまいました…!(Instagramは載せる動画の時間制限があるため)

ちなみに仕上がりはこんな感じです↓

ウォーターマーブルネイル

手では絶対にかけないであろう柄ですよね!

やり方を詳しくご説明します↓

 

マニキュアでウォーターマーブルネイル:やり方

用意するもの

ウォーターマーブルネイル:用意するもの

用意するものは以外と少ないです。

用意するもの

  • 水を入れたコップ(紙コップでOK)
  • 爪楊枝
  • マニキュア(2〜4色)
  • マスキングリキッド(マスキングテープでもOK)

どうしても爪周りにマニキュアがついてしまうため、マスキングリキッドかマスキングテープはあった方が良いです。

マスキングリキッドの方が爪ギリギリまでカバーできるのでオススメ。

ネット通販や最近は100均で変えるところもあります。(私はAmazonと100均セリアで購入したことがあります。)

 

やり方

step
1
水を入れた紙コップを用意する

1.ベースコート&マスキングリキッドを塗る

爪にベースコート、爪周りにマスキングリキッドを塗ります。

マスキングリキッドは厚めの方が後ではがしやすいため2度塗り推奨。

また、爪の腹の方にも塗ってください。

 

step
2
マニキュアを水に近い位置から垂らす

2.マニキュアを水に近い位置から垂らす

この後水の中に指を入れるため、コップの9割くらい入れておいた方が良いです。

また、水の温度が高いとマニキュアが固まりやすいため冷たい水を準備してください。(氷を溶かしてもOK)

 

そして、マニキュアもどろどろだとうまく広がらないためサラサラなものを準備しましょう。

プチプラだと、色は薄いですがキャンメイクは広がりやすかったです。

ネイルホリックも新品なら結構広がりやすかったですね。(今回私はネイルホリックを使用)

またマニキュアは2色以上必要ですが、メーカーはなるべく揃えた方が良いです。異なるメーカーだとうまく輪にならず、色と色が混ざってしまうことがありました。

 

そして、マニキュアは低い位置から垂らすのがポイント。

高い位置から垂らすと、水面に広がらずにコップの底に固まりになって落ちてしまうことがあります。

  • 水はコップの9割くらい
  • 冷たい水を用意
  • マニキュアはサラサラなものがオススメ(なるべく同じメーカー)
  • 垂らす時は低い位置から

 

step
3
マニキュアを中心にどんどん垂らす

3.マニキュアを中心にどんどん垂らす

ステップ2からはとにかく時間勝負!

前に垂らしたマニキュアの上(中心)に次々とマニキュアを垂らしていきます。

 

また、マニキュアがうまく水面に広がらない場合は、手でコップをトントン優しく叩くと広がっていきます。

トントンしても広がらない場合は、前に垂らしたマニキュアがすでに固まっていたり、垂らしたマニキュアが固すぎる可能性があります。

固まってしまったマニキュアは、爪楊枝や綿棒ですくい取ってやり直しましょう。

  • とにかく時間勝負なので手早く!

 

step
4
マニキュアを中心にどんどん垂らす

4.爪楊枝で切るように模様を作る

爪楊枝で外側から内側、もしくは内側から外側へ切るように通して模様を作ります。

ただし、爪楊枝を通そうとするとマニキュアも波紋全体が動いてしまいうまく模様が作れない場合も。その場合は、一番はじめに垂らしたマニキュアを爪楊枝でコップの端にこすりつけた状態でやるとうまく行く場合があります。

また、外側のマニキュアがすでに固まっていて爪楊枝を通せない場合もあります。その場合はなるべく内側のマニキュアのみ動かして模様を作るとうまくいきますよ!

ここはちょっと感覚を掴むまで難しいと思うので、何度か挑戦してみてください。

  • 一番外側のマニキュアをコップの端にこすり付けてから模様を作るとうまくいく場合も
  • 外側のマニキュアがすでに固まっている場合は、内側のマニキュアで模様を作る

 

step
5
いい感じの柄ができたところに爪を平行に入れる

5.柄の上から爪を平行に入れる

これもマニキュアが完全に乾かないうちに行う必要があります。

爪にマニキュアを転写するイメージで爪を平行に第一関節あたりまでズボッと水の中に爪を入れます。

  • マニキュアが完全に乾かないうちに爪に転写する

 

step
6
爪を水の中に入れたまま爪先を下に向ける

※ここからは画像がなくてごめんなさい。先ほどの動画を参考にしてみてください。

爪を水の中に入れたまま、爪先を下に向けます。

爪が水の中に垂直に入っている感じの状態ですね。

あ、ここからは焦らなくてOKです!ゆっくり行ってください。

 

step
7
爪楊枝で周りにマニキュアを取り除き、爪を水から出す

爪に転写されたマニキュア以外は不要なため、不要なマニキュアは爪楊枝でくるくると巻き取って取り除きます。(綿棒を使ってもOK)

ほぼほぼ綺麗に取り除けたら、爪を水の中から出します。

 

step
8
肌についた水気を軽く拭き取り、マスキングリキッドをはがす

爪の上のマニキュアには手を触れないようにしてください!

爪の腹側の水気をティッシュで少し拭き取るくらいでOK。

そして、爪の腹側からマスキングリキッドをゆっくりはがしましょう。

はがし始めが少し難しいですが、爪楊枝で少しカリカリしてはがし始めを作ると以外とスルッとはがせます。(うまくはがせない場合は、マスキングリキッドが薄かった可能性があります。)

 

step
9
トップコートを塗って完成!

ウォーターマーブルネイル

マスキングリキッドをはがした後、爪周りにマニキュアが残っていたら、除光液を含ませた綿棒や爪楊枝できれいにします。

その後、トップコートを塗ったら完成です!おつかれさま!

 

ウォーターマーブルネイル:まとめ

慣れるまではちょっと難しいですが、やってみると楽しいウォターマーブルネイル。

ぜひ一度試してみてください!

 

用意するものはたったこれだけ↓

ウォーターマーブルネイル:用意するもの

マスキングリキッドは一つ持っていた方がよいと思います。

 

マニキュアはサラサラしたものがおすすめ。

私は今回、ネイルホリックのBE303/PU113/GR703を使用しました。

NAIL HOLIC(ネイルホリック)
¥330 (2020/09/25 04:52:55時点 Amazon調べ-詳細)
NAIL HOLIC(ネイルホリック)
¥330 (2020/09/25 07:20:53時点 Amazon調べ-詳細)
NAIL HOLIC(ネイルホリック)
¥330 (2020/09/25 04:52:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

また、キャンメイクはサラサラしているのでプチプラの中ではおすすめ。

ただし、キャンメイクは透け感のある発色のものが多いため、柄がボヤッとする可能性があります。

キャンメイクを使う場合は、ベースコートの上に白等のベースカラーを塗っておいた方が柄がはっきりと出てよいと思いますよ。

 

動画も再掲しておきます。ぜひ一度試してみてください♪

 

Instagramもやってます♪

>> Instagram(@tomosan_nail)を見にいく

\他のブログも見てみる/
にほんブログ村 美容ブログへ

  • この記事を書いた人
とも

とも

ネイル大好き30代元ネイリスト。 個人的に集めたカラージェルやポリッシュ(大量にありますw)の紹介や簡単なアート、ネイルの豆知識等をご紹介します♪

-アート
-

© 2020 Nails by tomomore