ドメイン名がse-nailist.comからtomomore.comに変更になりました!

副業

固定費で毎月5000円節約する方法&節約できたら何ができるかを考えてみた。

固定費で毎月5000円節約する方法

5,000円増やすには、時給1,000円なら5時間。副業で稼ぐのもありです。

でもその5,000円、「増やす」ではなく「節約」できたら、自由に使えるお金が5,000円増える上に5時間有意義に使えます

しかもそれが毎月となれば、1年で60,000円時間だと60時間

結構なお金と時間ですよね。

「ちりも積もれば山となる」

まさにこの言葉が当てはまります。

毎月たったの5,000円だけど、節約できたらあなたの生活がちょっと豊かになると思いませんか?

しかもその5,000円が毎月の「固定費」で節約できるとしたらどうでしょう?

「固定費」は家賃や光熱費等毎月必ずかかるお金。

我慢してもゼロにすることはできません。

でも「一度節約」できたら、「毎月いつの間にか節約」できてしまうんです。

固定費なら1回きりの節約じゃないんです。

この記事では、
「毎月5,000円固定費で節約する方法」
「毎月5,000円節約できたら新たにできること」
をご紹介します。

 

毎月5,000円固定費で節約する方法

節約する方法はいくつかありますが、ほとんどの方ができるであろう方法をお伝えします。

スマホを大手キャリアから格安SIMにする

スマホを大手キャリアから格安SIMにする

スマホは今や生活必需品。

スマホ代は解約してゼロにすることは難しいですし毎月かかってくる「固定費」の代表。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安SIMにすれば、月々のデータ使用量が3GBくらいの方なら月々たったの2,000円弱

現在7,000円払っている方であれば5,000円節約できる可能性があります。(しかも毎月)

しかも夫婦なら10,000円お子さんや祖父母がいらっしゃるならそれ以上の金額を毎月節約できる可能性も。

私は約4年前の2015年に格安SIMに乗り換えました。

それからずっと毎月の支払額は約1,800円

大手キャリアも「新料金プラン」最近出してきていて一見安そうに見えますよね。

でも例えば、私の使い方でドコモの新料金プランで料金シミュレーションをしてみたところ、約6,800円でした。

今よりちょうど5,000円高いのです。

要するに私は、大手キャリアで私と同じ使い方をしている人より毎月5,000円節約できています。

ちなみに現在私が使っている格安SIMはLINEモバイル

そして実は、LINEモバイルのサイトも運用中です。よろしければ覗いてみてくださいね!
(iPhoneと書いていますが、Androidの方でももちろん参考になりますよ♪)

↓画像をクリックしてもサイトへ飛べます。

LINEモバイルとiPhoneで月々のケータイ代を劇的に安くする!

スマホを格安SIMの+モバイルWiFiにする

スマホを格安SIMにする+モバイルWiFiにする

あまり格安SIMについて書くと宣伝臭が…と思いつつも(笑)、ほんとにオススメなので教えちゃいます。

この記事を見たあなたはラッキーですよ^^

ほとんどの方に格安SIMはおすすめですが、「月々のデータ使用量が多い方」にはおすすめできません。

目安で言うと10GB/月以上くらい。

詳細は以下の記事で書いていますので、気になる方は見てみてください。
格安スマホ(格安SIM)が向かない人の使い方:パターン別に解説!

そして、「月々のデータ使用量が多い方」には「格安スマホ+モバイルWiFiの2台持ち」をオススメしています。

普段スマホ1台のみの方だと荷物は増えちゃうんですが、この2台持ちによって月100GBのデータ通信しても月5,000円以下で抑えられちゃいます。

しかも、初月だけ5,000円以下とかじゃないんですよ!
むしろ乗り換えキャンペーンが適用されている間(半年くらい)はもっと安くて3,500円くらい。

気になる方は以下をチェックしてみてくださいね。

www.sim-closet.com

 

スマホの料金プランを見直す

スマホの料金見直し

格安SIMへの乗り換えに躊躇するなら、大手キャリアのまま、まずは料金見直しをやってみてほしいです。

月3GB以下しか使っていないのに、月30GBとか50GBのプランに入っていた方を私は知っています…

おそらく携帯ショップの方に、「月◯◯円しか変わらないのにこっちだとこんなに容量使えてお得ですよ!」とか「今ならキャンペーンで△ヶ月××円引きでお得ですよ!」とか言われたのではないですかね…!

以下に料金シミュレーションのページを貼っておきますね。

ドコモ:料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ
au:かんたん1分料金プランシミュレーション|スマートフォン・携帯電話 | au
ソフトバンク:料金シミュレーター | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

 

医療保険を解約する

医療保険を解約する

医療保険も毎月支払っている「固定費」です。

ここでご説明する内容は私も最近知ったのですが、実は日本の公的医療保険制度はかなり手厚く、たとえ医療費が高額になったとしても「高額療養費制度」によって自己負担の上限(限度額)を超えた医療費は給付されます。

以下は楽天生命保険のページでの説明です。

医療費の自己負担限度額

たとえば表のように、70歳未満で、年収が約370万円~770万円(自己負担3割)の人の場合、総医療費が100万円であれば、1ヵ月の自己負担限度額は87,430円。病院の窓口で医療費を30万円支払ったとしても、申請することで後日、限度額の87,430円を超えた分の212,570円が支給されるため、実際の自己負担額は抑えられることになります。

「高額療養費制度」によって「自己負担限度額」が定められているため、莫大な医療費を払わなければならない可能性は極めて低いのです。

上記の場合だと、医療費が1,000,000円かかったとしても実際の負担額(限度額)は87,430円。

そのため「医療保険不要説」を唱えていらっしゃる方も多いですね。

ただしこの自己負担限度額には「差額ベッド代」や「先進医療の技術料」は含まれません。

それらの点を考慮して医療保険に入っているならOKですが、もし知らないで入っているなら見直したほうが良いかもしれません…!

見直した結果医療保険は不要(もしくは一部解約)という判断になれば、月5,000円どころかもっと節約できる可能性もあるのではと思います。

 

月5,000円節約できたらできること

ここからは月5,000円節約することによって新たにできるようになることを見ていきましょう。

こうやってまとめているとたくさんありました!

毎月ネイルに行ける

毎月ネイルに行ける

女性に限られてきますが、5,000円あればシンプルなネイルなら毎月できます。

私がオススメなのはOZmallというサイト。

私が初めてネイルサロンに行った時もこちらを利用しました。

OZmallに載っているネイルサロンは雰囲気の良い上質なサロンが多いです。

OZmallのプランは6,800円〜と5,000円を少し超えてしまいますが、毎月1,800円でネイルに行けると思えばかなり安いですよね。

また、もちろん探せば3,000円程度の激安サロンもあります。

でもせっかくネイルサロンへ行くなら、激安店の流れ作業的な施術より雰囲気のいいお店でより丁寧な施術を受けることをおすすめします。

もちろんネイルをするだけで気分は上がると思いますが、せっかくならその“施術の時間”も大切にしていただきたいなと思っています。

また、ネイルはしない方の場合でもメイクはしますよね?

毎月新しいアイシャドウやスキンケア商品・フェイスパックなんかを購入しちゃうのもありですね!

 

毎月おしゃれなレストランで食事ができる

毎月おしゃれなレストランに行ける

これもOZmallで探すのがオススメなのですが、4,000円以下でおしゃれなレストランやカフェで食事ができます。

私は女子会ならまずOZmallで探しています。

女子が好きそうなおしゃれなお店や食事が多いのですよね。

女子が好きなお店が多いので、もちろんデートにもオススメ

 

お子さんの習い事を一つ増やせる

お子さんの習い事を増やせる

『ケイコとマナブ』2017年 子どもの習い事ランキングによると、
子ども1人・1カ月当たりの習い事の費用は平均13,091円

この記事では5,000円節約する方法をお伝えしましたが、夫婦それぞれ5,000円節約できれば10,000円の節約

13,000円の出費が3,000円の出費ですむなら、習い事を一つ増やすのもそれほど大きな痛手ではありませんよね。

 

つみたて投資ができる

投資できる

投資というと敷居が高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えばつみたてNISAなら月100円から投資できます。

つみたてNISAとは、投資による値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税であり、また非課税期間が20年と長く積立に特化したものです。

要するに、投資して得た利益には税金がかからないでまるまるもらえるということ。(もちろん投資上限金額等の制限はあります。)

もし月5,000円を20年・年利5%で運用できたとしたら(5%は割と現実的なパーセンテージと考えています)、積立金・利益・合計は以下のようになります。

  • 積立金:1,200,000円
  • 利益:855,168円
  • 合計:2,055,168円

月5,000円しか投資していないのに、20年後には85万円も増えている可能性がある…

やるとやらないでは大きな違いですよね。

※参考:積立かんたんシミュレーション | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

また、つみたてNISAならSBI証券楽天証券の人気が高いようです。

 

年に1回海外旅行できる

年に1回海外旅行に行ける

月5,000円だと年間60,000円

もちろん場所は限られてきますが、例えばHISで韓国ツアーを調べてみたところ最安で12,800円~26,800円でした。

60,000円あれば、ツアー代はもちろん食事代やお土産代もまかなえちゃいますね。

 

まとめ

毎月5000円固定費で節約する方法まとめ

「毎月5,000円固定費で節約する方法」
「毎月5,000円節約できたら新たにできること」
をご紹介しました。

何となく節約するよりも、「節約できたら◯◯しよう」という目標があった方がやる気になりますよね!

また、せっかく節約できたなら有意義に使いましょ。
もっと経済回していきましょ(笑)

貯めていてばかりでは景気は良くなりませんものね!(私ももっと使おう!)

そして、私が一番オススメする固定費で月5,000円節約する方法は
「スマホを大手キャリアから格安SIMにする」
ということ。

乗り換えは面倒だなぁと思っている方もいらっしゃるかと思います。

でも一度重い腰を上げて乗り換えてしまえばその後は、「毎月安くなった請求額を見るだけ」です。

私の話を聞いて格安SIMに乗り換えた友人は「毎月の請求額を見てニマニマしてる」と言っていました(笑)

私が運営しているサイトはこちら↓

www.sim-closet.com

また冒頭で、節約ではなく月5,000円増やすには時給1,000円なら5時間年間にすると60時間というお話もしました。

60時間あったら何ができるでしょう?

習い事やスポーツジムに行ってもいいですし、読書するのもあり。ダラダラする時間が欲しい!という方もいらっしゃるでしょう。

5,000円稼ぐためにあなたの大事な時間を使うより、まずは固定費で5,000円節約してみてはいかがですか?

-副業

Copyright© tomomore , 2019 All Rights Reserved.